イベント情報

春日本郷地区道祖神祭り(1月3日)

春日本郷地区道祖神祭り

道祖神祭りre.jpg子どもたちの健やかな成長・健康長寿・五穀豊穣・天下泰平を祈願し、市の無形民俗文化財として登録されている。
ここでは現在も「お籠り小屋」を建てている。「お籠り」も道祖神祭りの一環で、子どもたちは皆で力を合わせて小屋をつくり、その中に道祖神を祀り、個々の家々を廻って飴や金を集めて、一晩中、囲炉裏で餅を焼いて食ったり、蜜柑や菓子を食って過ごすのである。
第一日は御幣降りで、3m余もある竿の御幣を持って家々の座敷に上がり、それを振り回しながら―風は神を舞いだすように―福の神は舞い込むように―とさけび、それから獅子舞をする。4日目の夜は、御輿に沢山の提灯をつけて村中を引き廻すのであるが、御輿の正面のキリコ燈籠の図柄は見事なもので、これは各区でその出来ばえを競う。

令和3年1月3日のお祭りは中止となりました。

開催日 1月3日
会場・アクセス 春日 本郷地区(中部横断自動車道 佐久南ICから車25分)

大きな地図で見る