観光ポイント

旧中込学校

旧中込学校

03【優秀賞】旧中込学校(伊藤宏).jpg

明治8年(1875)に建築された、現存する最も古い擬洋風建築の学校の一つです。設計建築は、アメリカで建築を学んだ地元出身の市川代治郎で、建築費用のほとんどは村内篤志の寄附によって賄われたもので、人々の教育に対する情熱がうかがえます。
ガラス窓がたくさん用いられ、1階の欄間と2階の丸窓には当時では珍しいステンドグラスがはめ込まれていたことから「ギヤマン学校」と言われ、中央の八角塔の天井には太鼓が吊られ、時を告げていたことから「太鼓楼」とも呼ばれました。
昭和44年3月12日に重要文化財に指定され、同年4月12日には国史跡にも指定されています。

中込学校 ステンドガラス②.jpg 旧中込学校(太鼓楼)写真②.jpg 中込学校 内観①-2.jpg
開館時間 9時~17時(11月~3月は16時まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始は休館
入場料 大人250円(200円) 高校生・大学生150円(120円) 小中学生120円(100円)
※()内は団体料金
住所 佐久市中込1887

詳しくはこちら(佐久市公式HP文化財)をご覧ください


大きな地図で見る